スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

格安フード第1弾は、YARRAH(ヤラー)オーガニック

yarrahkanbanTxt.jpg

はい、というわけで、予想が当たった方はおめでとうございます (^^)

プレミアムドッグフードご紹介第1弾は、YARRAH ヤラー です!

オランダ原産のオーガニックフードといえば、このヤラー。

オーガニックペットフードとして1991年よりオーガニック認証団体Skal(スカール)の認証を受けており、注目すべきはやはり、主原料となる鶏肉の素晴らしいクオリティです。

image001.jpg左写真のように、開放鶏舎で育てられた鶏は、屋外で自然の空気と日光の下で運動が出来るため、ストレスを感じさせません。 また、余分な脂身のないチキンに仕上がります。それにより低カロリー設定が可能に。

抗生物質・ホルモン剤を与えない安全飼育の保証があるため、自然のまま生きています。それにより、自然治癒力が高まり、病気をしない体をつくり薬物による皮膚トラブルを改善します。

organicchickeninfo

chickenfarm.jpgヤラーオーガニックペットフードは左写真のように、生産者の公開をします。

いつ?どこで?誰が?
どのように生産したのか?
追跡調査(トレーサービリティ)が可能です。
tori20101027.jpg
生産国:ドイツ
農場名:Freiland Puten
生産責任者:Dr.Martin Bohn

YARRAHの特徴をまとめてみましょう。

 自然治癒力が高まり、体の免疫を高める。
 農薬・化学物質由来の皮膚トラブルを防ぐ
 動物性タンパク由来のアレルギーを防ぐ(ベジタリアンシリーズ)
 有機原材料は人間の認証であるため、人間と同じ原材料で生産しているから安心。
 ペットが本来求める自然フードのため、未然に病気を防ぎ、健康を維持するフードです。


(ひょっとして、普段私たち人間が食している物よりも高品質なのでは?)

と思ったのは私だけでしょうか?

本日、このヤラーシリーズの中でも一番オススメなのが、

ピンクの袋、ヤラー センシティブ
7068 - Bag - Dog 2kg Sensitive (1500x2125) JPG1

・小麦・大豆不使用で、穀物はお米を使用

最近グレインフリーのフードも増えてきましたが、その分ポテトや豆でタンパク質を増やしている傾向が強いですよね。我が家のジェームスの場合、グレインフリーだとおならが出たり便がゆるくなったりしてなかなか合うのがないです。

・鶏肉+レバー、心臓、胃、腎臓など栄養分の高い内蔵のみを配合

私たちも普段食べているレバーや砂肝など、内蔵はとっても栄養があっていいですよね。一般的に「副産物」とは内蔵全般の他に羽や骨や爪など人間が食しない部分を含みますが、ヤラーの場合は違います。肝臓、心臓、胃、腎臓と、私たち人間が食している部分、つまり、栄養価の高い価値のある部分のみを使用しているということです。ビタミン剤は最低限に、自然のレバーなどからしっかり栄養を接種する方が吸収もいいはず。もちろん、すべてオーガニック品質です。

・ミールやレンダーされたオイル不使用
生肉のみ使用。鶏ガラを加熱して上澄みのオイルを採取するのがレンダー(Rendered Oil)処理されたオイルですね。鶏脂肪と記載される場合が多いようです。ヤラーセンシティブに含まれている油分は、肉に含まれている自然の油分のみ。

・海藻、スピルリナで免疫アップ
スピルリナは海藻の一種です。海藻のネバネバ成分フコイダンには必要とされる16種のミネラルややアミノ酸などを豊富に含み、現代では糖尿病などの成人病治療やがん予防にも有効であると大注目されていますね。

yarrahinfo1.pngyarrahinfo2.png


我が家のジェームに与え始めて3週間、お股周辺が真っ赤だったのが大分落ち着いてきました。(^^)/

それから、急にお散歩中でもたくさんアイコンタクトするようになってきました。

怖がりさんなので周りの様子が気になってしまって、私の目を見る余裕はあまりなかったんですが、落ち着きが出てきたようです。

お野菜やフルーツが入ってないのか。。。

と思いながら与えていましたが、これがなかなか奥が深い、とてもよく研究されたフードのようです。
pochi.jpg
ブログランキング・にほんブログ村へ 

クリックありがとうだワン! また来てね!
関連記事

テーマ : ★ペット用品SALE情報★ - ジャンル : ペット

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。